缶バッチ制作はサイズとデザインをよく思案することが大切

缶バッチ

缶バッチを制作して色々な場面で活用しよう

ライオン

商品を購入したら、缶バッチがおまけで付いていたと言ったご経験はありませんか。缶バッチはプレミアム品として利用されるケースが多く、商品や会社の宣伝につながる図案が印刷されています。おしゃれな缶バッチであれば、使用することもありますから、宣伝効果ばっちりですね。
そのような宣伝目的で何かプレミアムを考えている場合は、缶バッチの制作を検討してみてはいかがでしょうか。あるいは、何かのイベント開催時に配布する記念品として使用する方法もおすすめです。さらに、趣味の仲間や何かのチームでオリジナルの缶バッチを制作して仲間意識を高めるというのもよいですね。
缶バッチに印刷する図案は自由にアレンジでき、プレミアム品などの使用には大変適しています。使い方はアイデア次第ですから、色々なシーンで役立てられるでしょう。ところでそんな缶バッチは、どのように制作したらよいのでしょうか。
実は、缶バッチを制作する専門の業者さんがあるのです。ネットで探すとすぐに見つかり、オンラインでの注文も可能です。既にロゴやキャラクターのデザインデータがあれば、それを渡して制作してもらえます。もちろん、自分たちでオリジナルのデザインを書き起こして渡すことも可能です。そのような準備がない場合でも、テンプレート図案の利用やオリジナルデザイン作成に応じてもらえるケースもありますから、まずは相談してみると良いでしょう。

いろいろな形状を楽しめる缶バッチ

おしゃれを楽しむアイテムとして古くから親しまれているのが缶バッチです。
カバンや帽子、小物につけるアイテムとして、またノベルティとしても制作される缶バッチは、市販のものだけでなくオリジナルのものを制作することで自分だけの缶バッチを作ることができます。
缶バッチの形といえば丸型を思い浮かべることが多いと思いますが、それはもはや昔の話しであり現在ではさまざまな形の缶バッチが存在しています。
従来の丸型だけでなく、制作技術の進歩により星型や四角型、ハート型などさまざまな形の缶バッチが登場しています。
オリジナルの缶バッチを作る場合でももちろんさまざまな形の中から自分の好きなものを選ぶことができ、楕円形や長方形など形状のバリエーションだけでも数多くの種類が用意されています。
サイズやデザインと合わせればそのバリエーションは数えきれないほどあり、業者を利用することで世界にひとつだけ自分だけの缶バッチを制作することもできてしまうのです。
なかなかおしゃれの決め手になるアイテムが見つからないという方や、安価な値段で喜ばれるものを制作したいという方は、この機会に一度オリジナル缶バッチの制作に取り組んでみても良いかもしれません。

缶バッチはサイズも重要

缶バッチはさまざまなものに付けることができる汎用性の高いアイテムと言えます。
しかし実際には付けるものによって違う大きの缶バッチが欲しくなることもあり、サイズが重要になるアイテムでもあります。
カバンに付けるのに小さすぎる缶バッチでは存在感が薄くなってしまいますし、逆に帽子に付けるのに大きすぎる缶バッチでは変に目立ってしまいます。
自分の求めているちょうどいいサイズの缶バッチを手に入れようと思うとなかなか見つからないこともあり、またデザインにもこだわりを持ってしまうとより見つけづらくなってしまいます。
サイズ感やデザインなど、しっくりくる缶バッチが見つからないという方は自分でオリジナルの缶バッチを制作してみるのはいかがでしょうか。
缶バッチは市販のものだけでなくこちらから注文することでサイズや形、デザインなどを自由に指定して制作することのできる業者が数多く存在しています。
そのような業者に制作をお願いすることで、サイズだけでなく自分のこだわりをすべて詰め込んだオリジナル缶バッチを作ることができるのです。
大量生産にも対応してくれるため、個人用だけでなくイベントのノベルティや複数で同じものをそろえることも可能です。

缶バッチ制作でできる缶バッチの種類

缶バッチは自作キット等を使って自分で作ることもできますが、業者へ注文してもそれほどコストはかかりません。おまけに業者に制作を依頼したほうが質の良いものが出来上がりますので、手間暇を考えた場合、業者へ依頼するのが最適かと思われます。 でも自分で作ったほうがよりオリジナリティのあるものが出来上がりそう、と思う方もいるかもしれません。ですが業者へ制作を依頼した際も缶バッチのサイズやカラー、フォルムなど自由に選択できますので、自作と比べて選択肢が少なくなるといったことは決してありません。 ひとつ例を挙げてみますと例えば、蛍光色やメタリックなどのカラーを取り揃えた業者もありますし、ラメ入り缶バッチを作ってくれるところもあります。また一般的な缶バッチはスチールやブリキなどの金属素材ですし、だからこそ「缶」バッチと呼ぶわけですが、素材は他にも布製や革製などとあります。ですから自作では難しい加工も業者ならキレイに行ってもらえるという訳です。 そして注文から完成までにかかる日数ですが、これは数量によって変わっては来るものの、おおよそ2日から10日も見ておけば十分です。なのでいつまでに制作してほしいという希望があるならそれから逆算して注文しましょう。

ニュース一覧